セフレのメリット、デメリット

最近、男女問わず、不特定多数の異性とセックスをする話を良く聞きます。
日本も少しずつ、セックスがオープンなものになってきたように感じます。

最近「流行」のセフレについて

昔からセフレ文化はありましたが、現在は少し変わって来ており、一般男性、女性が何人もセフレを作っているというのが主流になってきていると感じます。

意外なセフレ事情

銀行の地味な一般職の女性が「5人セフレがいるけど、私の周りの女の子もそんな感じですよ」というような話をしており、ストレスを感じる一般OLが手軽に男性とセックスをするというイメージになってきていると感じます。
女性がそういうスタンスだと、男性も必然的に「それであれば是非」ということで、男女ともにセフレの数が増えていっていると考えられます。

面倒でなくなった「セフレ」関係

女性のライフスタイルが変わり、労働環境、生活ともに独身女性、男性の生活が同じになってきていることもあり、女性としても「子供を産むためではない」手軽に楽しめるセックスを求めていると感じます。


セフレのデメリットがなくなった?

昔はセックスしたら付き合わなければいけない、もっと言うと結婚しなければいけない、というような女性の重い感情が付きまとっていたように思います。
だから女性もセックスをする相手や時期をもう少し慎重に見ていた気がしますし、男性も女性をちゃんと口説かないとセックスできない、というような状況があったように思います。
今は女性が気持ち良くなるためにセックスをすることが非常に増えたので、セフレである女性が「付き合ってほしい、結婚してほしい」ということはとても少なくなりました。女性の方もこういう場合結婚を望んでいないのです。
そうするとセフレのデメリットだった「女性が面倒になる」という可能性がかなりなくなっていると言えます。
そう考えると「セフレ」のデメリットが現在あまりないので、男性としてはより良い生活をするために、多くのセフレを作って、気持ちの良いセックスライフを楽しむことができるとても良い時期だと言えます。

ページ上に戻る