セフレとの上手い付き合い方

最近急激に日本でも普及してきた「セフレ」の上手い付き合い方、長く付き合う方法を経験者に取材、まとめました。

既婚者同士の場合

既にお互い結婚している場合、男女とも距離感をかなり取って、お互いにセックスの後の痕跡が残らないように尊重し合えると良い関係だと言います。
どちらかが、好きという感情を持ち過ぎないように、お互いに家族には絶対バレたくない、という関係が一番長く続くと言います。
この関係は、お互いのことを想い、女性が男性と会う日には逆に香水をしない気遣いや、セックスの後に一緒に鉄板焼きに行くぐらいの関係性が築ければベストですね、と実際にセフレを続けている女性に話を聞けました。
こうなれば、もう立派な愛の形ですね。

お互い彼氏、彼女がいる場合

お互い恋人がいる場合のセフレの付き合い方として「ライト」な肉体関係がお勧めということ。
こういう場合、男性、女性とも恋人に何らかしらの不満を持っている場合が多く、会えないときの寂しさを紛らわせるためにセックスをすることが多いようです。
なので、恋人に対する不満がなくなると逆にセフレの存在理由がなくなるので、お互いそれぞれの恋人に悩みを持っていることがベストですよね、とこれも関係を続けている女性の意見。
本命の恋人に不満を持つということは、こちら(セフレ)の行動は基本的に関係ありませんが、やはり優しくすることで「彼氏よりもこのセフレの方が優しくしてくれる」という意識を持たせることが彼氏への不満を持たせる方法かもしれませんね。
一般的にこのような関係は期間が短いので、短期間に相手の身体をじっくり味わっておくことがお勧めです。


特定の恋人を作らず、とにかくセックスを多くするためにセフレを作る場合

まだ落ち着くつもりはない、結婚なども考えておらず、とにかく気持ち良くなりたい、多くの異性と関係を持ちたい場合は、相手に対してマメに連絡してあげることが大切だと言います。
とにかくセフレを何十人も作ってセックスを毎日する男友達に聞いた話ですが、女性は気持ちの入っていないセックスの場合でも、男性から「この人、私はそんなにタイプじゃないけど、私のことすごく好きなんだろうな」と思わせるのが一番長く続くと言います。
女性の場合、「男性から愛されている」という感情を持ちたがる傾向にあると言います。
パフォーマンスでも良いので男性は、あなたのことを想っているよ、ということをとにかく伝えることが、長く良いセフレ関係が続くコツということです。

ページ上に戻る